占い師になる為に勉強すべき事

占い師になるにあたって占術だけ学んでいても人気な占い師になる事はできません。

霊感や勘だけではダメ!!

 
占い師って霊感があればなれる感じしますよね。「霊感が強いからつく職業」「勘が鋭い人が付く職業」というイメージがあるかもしれません。

実際の占い師になかにも「霊感が強い」人や「勘が異様に鋭い」という事を武器にしている方も結構いらっしゃいます。
しかし、霊感や勘だけが強いからといって商売ができるような甘い世界ではありません

占いの歴史、種類、占いの為の道具の使い方、占い方のコツ相談者の心を掴む為の心理学の知識など占い師にとって学ぶ事がたくさんあります。

「霊感が強い」「勘が異様に鋭い」と武器にしている占い師は実は霊感だけではなく、きちんとした占いの基礎が出来ています。霊感でしか占えないという訳ではありません。

ほとんどの占い師の方が複数の占いができます。相談者の多様な相談内容に対応できなかったりする事がない様に皆さん勉強しています。

また複数の占いを身につける事で働き口も増えます。独立開業する際にも役立ちます。

占いの種類は非常に多いので、全て学ぶのは不可能に近いです。ですが、できるだけ幅を広げられるように努力する事が大切になってきます。
 
 

コミュニケーション能力を磨く

 
占い師は メールや電話、あるいは対面でお客様に占いのサービスを提供していきますが、そこで心理カウンセリングと似たようなスキルが求められます。

相談者はまず相手に話を聞いてもらい共感される事で信頼していきます。ですので相手の話を良く聞く事、そして相手がどのような悩みを抱えているかきちんと理解する子が必要です。

もちろん、占いの技術も大切ですが、忘れてはいけないのが占い師もお客様も人だということです。占いの技術だけならば、心のないロボットにだってできます。

お客様の心を掴む事はなかなか難しいです。高いコミュニケーション能力が大事になってくるのも占い師という職業です。
 
 

経営や営業に就いて学ぶ

 
占い師は独立開業といって自分のお店を持つ場合は他の職業の人のように経営ノウハウやマネジメント、集客のしくみなどについても勉強しなければなりません。

開業するとなれば売り上げをのばして収入を確保しなければ自分の生活ができなくなってしまします。

なので1人でも大きな集客を掴む為には営業の能力も求められてきます。

商売の基本をしっかりと勉強し、確実に集客をするこが大切です。
 

Author :
Copyright(c) 2018 占い師への疑問を解決!! All Rights Reserved.